スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス旅行3  Interlaken~Jungfrau~Engelberg

今回はインターラーケン~ユングフラウヨッホ~エンゲルベルクと移動します


で、前回書いた恐怖体験というのがこちら


まぁ、なんつーか、こういう事です

日本じゃ考えられない事ですねw


eos7d-_11826.jpg

↑こちらそのエレベーターの外観
まるで普通のドアと区別が付きません。










eos7d-_11825.jpg

↑宿を一歩出たところの景色。
アイガーが良く見えます。





eos7d-_11830.jpg

↑インターラーケン西駅から乗車
東駅は町のはずれにあり、途中駅という位置づけです。




eos7d-_11836.jpg


↑構内にはこんな客車が。
いったい何年前の製造なのか・・・



eos7d-_11832.jpg

↑方向板
いわゆるサボです




eos7d-_11837.jpg


↑こちらの電車に乗車します。
12Bの長い編成です。




eos7d-_11841.jpg

↑予約は適当なので本来は2等ですが、1等に座ることも出来ます。

1等座席めちゃくちゃ広いwww







eos7d-_11842.jpg


↑途中で編成を切り離しつつ、終点グリンデルワルドに到着。



ここグリンデルワルドは、日本語ガイドもいる、日本人に優しい観光地です。
そこのエイゴが話せないあなた、ドイツ語も話せないあなたもグリンデルワルドにいけば普通に観光できますよーw

ここグリンデルワルドはスイス中央のベルナーオーバーランドの観光拠点になっています。





eos7d-_11844.jpg

↑グリンデルワルド駅舎




ここからヴェンゲンヴァルト鉄道に乗り換え、ユングフラウヨッホを目指します。




eos7d-_11845.jpg

↑ヴェンゲンヴァルト鉄道の車両。


普通の車両より一回り小さいです




eos7d-_11846.jpg


↑アイガー北壁



eos7d-_11847.jpg


↑急勾配を上っていきます。




eos7d-_11852.jpg

↑中継点のクライネ・シャイデック駅





eos7d-_11851.jpg

↑アイガーへ続くユングフラウヨッホ登山鉄道の車両


eos7d-_11855.jpg


↑急勾配を上っていきます

アイガー北壁の元につくと、アイガー山体の中をトンネルで上っていきます。



eos7d-_11857.jpg


↑運転台の様子




クライネシャイデック駅からユングフラウへ上る列車は、途中に展望台が2ヶ所あり、そこで下り列車とすれ違いをします。



eos7d-_11858.jpg

↑停車場の様子



eos7d-_11860.jpg


↑トンネル内から展望台に通じる通路


eos7d-_11861.jpg


↑停車中の車両



ホームはかなりの傾斜があります。
で、この辺でも標高2000m近くあるので、走るのはちょっと危ないです


いきなり500m台にから短時間でのぼっているのでねー




eos7d-_11863.jpg



↑車内の様子

1000mmのメーターゲージなので、通路が僅かに狭いです




eos7d-_11872.jpg


↑到着。

ユングフラウヨッホ展望台です
標高3358m、スイスでは最高所の展望台です


ここは日本語表示の看板や、メニューなどが多くあります。



eos7d-_11868.jpg


↑展望台からの景色

標高が高すぎてどれがどの山かイマイチわかんないですw





で、下山
展望台にテーマパークなどもあるのですが大して面白くなかったり







eos7d-_11892.jpg


↑クライネシャイデック駅からの景色


左側がアイガー、右側がメンヒです




eos7d-_11895.jpg

↑駅と併設してある食堂



eos7d-_11906.jpg


↑駅周辺の景色

数多くの牛が放牧されています。




eos7d-_11897.jpgeos7d-_11905.jpg


↑別路線経由でクライネシャイデックに到着する路線、ヴェンゲンアルプ鉄道です
車両が模型みたいですw




またグリンデルワルドまで移動し、バスに乗車

エンゲルベルクまでは5時間ほどかかります



eos7d-_11911.jpg



↑途中で見た蒸気機関車


そしてエンゲルベルクに到着後、ロープーウェイで上り、トリュプゼー・アルパイン・ロッジという山岳ホテルへ


感じとしてはごく普通のホテルです。



eos7d-_11916.jpg

↑ホテル内の食堂


eos7d-_11913.jpg

↑ヨーロッパでもお馴染みのアップルサイダー
こちらでは普通に「Apple juice」と注文すると、普通はガス入りのものが出てきます。




3日目移動経路
インターラーケン~ベルナーオーバーランド鉄道(BOB)~グリンデルヴァルト~ヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)~クライネシャイデック~ユングフラウ鉄道~ユングフラウヨッホ~ユングフラウ鉄道~クライネシャイデック~ヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)~グリンデルヴァルト~ツアーバス~エンゲルベルグ~トリュプゼ・アルパイン・ロッジ


移動長い・・・


ではまた~

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

怖すぎる

エレベーター超怖いんだが((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
つまりは、乗ってる間に一部のまわりの壁が動くわけでしょ??
怖すぎる
でも、スイスだとあたりまえなのかなぁ....
日本の技術BANZAI!!
いやぁ、それにしてもホントスイスってテンプレの壁紙みたいに景色きれいだよねぇ
いいなぁ、行ってみたい
まぁ、そんなこと生きてる間にあるかどうか不明だけどね

Re: 怖すぎる

さすがにこんなのばっかしじゃないwww
ただ古い建物にあるエレベータは改修やってないと古いから、こんなのもあるかもしんない


メーカーはシンドラーだったw
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

Zero4

Author:Zero4
品川にある大学に通ってます

にほんブログ村
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10393位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2310位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。