スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス旅行6-1 Gornergrat~St.Moritz

また更新に間隔があいてしまいましたな

6日目はいよいよ氷河特急へ乗車します



その前にゴルナーグラードクルム展望台から夜明けの撮影を



eos7d-_12048.jpg

↑じわじわ明るくなってきたころから撮影



eos7d-_12057.jpg

↑展望台からクルムホテルを



eos7d-_12058.jpg

↑モンテローザ



残念ながらマッターホルンは雲に覆われていました





eos7d-_12061.jpg


↑夜明け



eos7d-_12071.jpg

↑宿外観

ここクルムホテルは19世紀後半に作られた歴史のあるホテルです
2005年にリニューアルされ、エレベーターなどいろいろなものがつくられた模様です





最後に教会を見に行くことにしました

eos7d-_12070.jpg
eos7d-_12069.jpg

↑内部



そして登山鉄道に乗って山を下ります

eos7d-_12072.jpg

↑ゴルナーグラート駅



eos7d-_12074.jpg

↑マッターホルンを背に登ってきた列車

上り下りとも新型タイプの車両でした・・・
2枚窓のやつに乗ってみたかったw





eos7d-_12077.jpg

↑途中にも集落と教会が




eos7d-_12082.jpg

↑保線小屋に羊がwww





eos7d-_12078.jpg

↑荷物電車?



ここから長くなりそうなのでここで一旦切ります~
氷河特急は次回へ持ち越しということで

ではまた~


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイス旅行5 Zermatt~Gornergrat

5日目は夕方まで自由行動


自転車を借りてスネガパラダイスへ向かいます


eos7d-_11993.jpg


↑料金表
一日50スイスフランです

マウンテンバイクですが、両輪にサスペンションがついているタイプと前輪のみにしかないタイプがあります
今回は両輪についているタイプを借りました

前輪のみだと40スイスフランでした




eos7d-_11995.jpg

↑スネガに向けて上っていきます


予想以上につらいですw
ギアを一番軽くしてやっとこさ登れる程度・・・




eos7d-_11997.jpg

↑しだいに樹林帯から抜けていきます





eos7d-_12001.jpg

↑ひたすらマッターホルンを見つつ登ります


つかこの辺になると息が苦しい・・・
標高2000mあたりなんでねー


eos7d-_12009.jpg


eos7d-_12011.jpg

↑こんな感じの道を登っていきます



eos7d-_12002.jpg

↑標高2220mの村、Tuftren 日本語だとトュフテレン?に到着

ここにもきっちり教会や食堂や商店がそろっています



eos7d-_12004.jpg

↑標高2280mのSunnega paradise スネガパラダイスへ到着
手前にあるのが借りた自転車、


ここへはツェルマットからケーブルカーが伸びています



ここの食堂で昼食をとり、来た道を下ります



eos7d-_12006.jpg

↑スネガパラダイスからマッターホルンを見る


下り速過ぎwwww
余裕で30~40とか出ちゃうwww


そしてディスクブレーキ最強www



さらにサスペンション最強www





登りに1時間かけた道を20分ほどで下ります



再びツェルマットへ




eos7d-_12022.jpg

↑駅前にいた馬車


今度はゴルナーグラート登山鉄道を撮影に

eos7d-_12019.jpg

↑2Bまたは4Bで走っていきます


eos7d-_12020.jpg

↑謎の工事列車
おっさん・・・



eos7d-_12021.jpg


↑荷物車に押されて登っていきました



その後自転車を返却


eos7d-_12027.jpg

↑自転車


そしてここからゴルナーグラート登山鉄道に乗車し、終着のゴルナーグラート頂上駅を目指します


eos7d-_12029.jpg

↑途中駅



eos7d-_12030.jpg


↑マッターホルンは雲に隠れてしまっています




eos7d-_12032.jpg


↑到着



eos7d-_12033.jpg

↑ここにも小さな教会が







そしてゴルナーグラートクルムホテルに宿泊します


eos7d-_12034.jpg


↑なかなか洒落た感じの部屋です


ついた直後に夕立が来たのでこれは来るんじゃないかと思い、外に飛び出して撮影




eos7d-_12037.jpg


↑キタ――(゚∀゚)――!!
虹って撮るの難しいのね



eos7d-_12042.jpg


↑半周以上虹が廻っています



マッターホルンの方はちょうど逆光

eos7d-_12044.jpg




今回はこの辺で~

5日目移動経路
Zermatt~ゴルナーグラート登山鉄道~Gornergrat


自転車の経路は省略^^;

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイス旅行4-2 Zermatt周辺

今回はツェルマット周辺を


ツェルマットに入ったのは大体4時くらいでしたが、日の入りが遅いのでゆっくり散策することが出来ました。



eos7d-_11981.jpg

↑ツェルマット駅舎


ヨーロッパの駅はたいていが改札がなく、ホームと道路がそのままつながっています。
ここツェルマットの駅舎は、小さな駅ビルのようになっており、土産物屋や観光案内所などが入っています。

ツェルマットは終着駅なので、櫛形のホームになっていて、客車列車は推進運転で入ってきます


駅前にとまっているのは電気自動車
めっちゃ小さいw



eos7d-_11980.jpg

↑駅前通り

多くの土産物屋や、登山用品店が軒を連ねています
昼間にはとても多くの人でにぎわいます
日本語が通じる店も結構あったり




eos7d-_11986.jpg


↑マッターホルンを正面に見る


すこし駅から離れると、一気に静かになり、ホテルや住宅がならぶエリアに入ります
町の中のほとんどの場所からはあのマッターホルンを見ることができます



eos7d-_11985.jpgeos7d-_11990.jpg


↑旧市街

一本裏通りに入ると、このような古い木造の建物が多く立ち並んでいます
柱にはネズミ返しがついています

ツェルマットでは新しく建物を建てることを厳しく制限しており、このような古い町並みを守る努力がなされています。




eos7d-_11987.jpg

↑橋の上から
ツェルマット市内には氷河から流れてきた川が流れています
行った時には雨も降ったということで、水量が増えていました




eos7d-_11991.jpg

↑教会



本当に小さな町にも必ずひとつ教会があります
ツェルマットの教会は木造が多い中で石造りの建築でした



この後夕食を取って宿へ向かいました
例によってマズかった・・・

スイスは店さえ選べばご飯はおいしいので悪しからず



ではまた~ノシ


4日目移動経路
Engelberg→ツアーバス→Andermatt(昼食)→ツアーバス→Taesch→シャトル→Zermatt

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイス旅行4-1 Engelberg~Zermatt

今回はいよいよツェルマット入りします


例の山岳ホテルで恐ろしくしょっぱい飯を食べた後、山岳ホテルの上にあるティトリス展望台へと向かいます


コメまでしょっぱいって一体どういうことなのさ。。。
毎日あんなん食ったら塩分過多で死ぬなってレベルだったw


eos7d-_11929.jpg

↑ホテル前景

eos7d-_11930.jpg

↑ロープーウェイの中継地点での様子

結構マウンテンでダウンヒルする人が多かったです。



すでに一段?上の場所にいるので、他の人たちの一つ前のロープーウェイで上っていきます。


このロープーウェイの特徴として、円形になっており下の床が回るという点があります。
空いてると殆ど意味はないんですが^^;




eos7d-_11924.jpg

↑展望台に到着


eos7d-_11919.jpg

↑展望台からの眺め

特に有名な山や景観はありません
展望台の人曰く、「日本人が来ることは少ない」との事


展望台の規模も小さいので特に見るところはなし。


再びロープーウェイで降り、バスでツェルマットへ移動開始


途中のゴッタルド峠に入り、「悪魔の橋」と呼ばれる場所に差し掛かります

eos7d-_11939.jpg

eos7d-_11934.jpg

eos7d-_11944.jpg


↑こんな断崖絶壁に橋が掛けられています





eos7d-_11940.jpg

↑ゴッタルド鉄道の列車










途中のアンデルマットで昼食を取ります


eos7d-_11948.jpg



↑食堂


昼食がハムカツってなんねん
しかもマズいし・・・




eos7d-_11951.jpg

↑町に一個の教会



eos7d-_11952.jpg

↑小川が流れていました


eos7d-_11961.jpg

↑スイス中央部のベルンや西部のシャモニーに比べると木造の建物が増えてきます





eos7d-_11955.jpg

↑アンデルマット駅の様子



アンデルマットは超えてきたゴッタルト峠や、フルカ峠など主要道路の結節点となっています
いわば宿場町のようなものですな~



ここからベルナーオーバーランドを抜け、ヴァレー地方に入ります



eos7d-_11963.jpg

↑フルカ峠からの眺め
下の白い線は氷河です



eos7d-_11966.jpgeos7d-_11967.jpg

↑フルカ峠のサミットにある茶屋?
展望台も併設してあります



eos7d-_11970.jpg


↑フルカ峠から下ってきたところにある、復元された蒸気機関車の出発点
残念ながら姿は見られませんでした



そしてツェルマットの一つ手前の町、テーシュに到着しました

ツェルマットには、一般自動車の乗り入れは禁止されており、ここテーシュに車を止めて列車でツェルマットに入ることになります。
ツェルマットの中では小型の電気自動車が動き回っています



eos7d-_11973.jpg

↑ツェルマット⇔テーシュを結ぶシャトル乗り場
ICカードを使った自動改札です



eos7d-_11974.jpg

↑シャトルの車両



eos7d-_11976.jpg

↑車内の様子

3両編成が2編成つながって半分固定編成のようになっており、20分間隔でツェルマットとテーシュを結んでいます
また、両端の車両は座席がなく、大型のスーツケースをゆったりとおくことが出来ます。




eos7d-_11978.jpg

↑ツェルマット到着

テンションMAXですwww

ちょっと長くなったのでツェルマット市内のことは次回へ持ち越し
ではまた~

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

Zero4

Author:Zero4
品川にある大学に通ってます

にほんブログ村
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
14861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3367位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。