スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道遠征⑦

七日目、東横イン青森駅前からスタートです




IMG_22786.jpg

寝坊しました
計画は崩壊しました
しかも手元の時刻表がダイヤ改正後のモノで全く役立たずという


とりあえず乗りに行くことが後回しになりがちな盲腸線から攻めていくことに

第34ランナー ****M 青森→野辺地 青い森701-101

IMG_22789.jpg
青い森鉄道線に転換してからは初めての野辺地到着です
1年前には特急がひっきりなしに往来してましたがその影形すら感じさせません

IMG_22791.jpg
駅舎外観

まぁ国鉄中核駅の駅舎ってこんなもんだよねという感じ

IMG_22796.jpg
IMG_22798.jpg

そこそこ利用客が居るのか、売店はJR時代に引き続き営業していました
2016年に北海道に行ったら札幌近郊以外は売店も猛烈な勢いで消えていってるしこれから希少種になるんかなぁ…

IMG_22799.jpg

ボーッとしてたらこの子の試運転がやってきました
個人的にはこの顔とデザイン中々イケてると思うんだよね

安易に某木と布とベタベタ記号貼り大好き同じデザインしか作れないJR九州御用達野郎とか起用してないし
最近の高運転台型特急みたいな間延びした感じじゃないし

まぁ暇と金が出来たらそのうち乗ろうかな

そんなこんなで
IMG_22801.jpg

八戸からの快速しもきた大湊行きに乗ります

第35ランナー 729D 野辺地→大湊 キハ100-201

当日の天気は風は弱いものの、靄がかかったような天候で景色は良いとは言えず…
人家がほとんどない荒涼とした景色の中をひたすら走ります
人の乗り降りがほとんどねぇ…


IMG_22810.jpg

そんなこんなで大湊到着

IMG_22805.jpg
IMG_22803.jpg

駅舎外観と待合室
2010年にリニューアルを受けているのもあって、一ローカル線の終着とは思えない綺麗な駅舎でした

折り返しまで少し散策はしてみましたが特筆するような事は見当たらず・・・
まぁ2年経って記憶が飛んで特筆出来なくなってしまったのかもしれないですがw


IMG_22808.jpg

リニューアルは待合室側を中心に行われていたため、一部にはこの様に旧駅名票等も残されていました

第36ランナー 734D-3734D快速しもきた キハ200-21 大湊→八戸

第37ランナー 4534M クモハ700-7 八戸→盛岡
第38ランナー 1550M クモハ701-1023 盛岡→一ノ関

どうも701系地獄です本当にありがとうございました
209系(京浜東北の古いやつ)が130km/hでかっ飛ばす位揺れます
暖房の送風が超やかましいです今後は出来る限り早くて快適な新幹線を使おう(提案

しかも1550Mが盛岡1817発という時間帯にあたってしまい首都圏と見まごうほどのすし詰めラッシュ
そこに超大荷物(10kg)級でやってきたワタクシ超迷惑クソア

まぁ首都圏と違って2-3駅で一気に人が降りたんでまだマシだったけどね

第39ランナー548M クハE720-42 一ノ関→仙台

701よりはかなりまともなE721系で仙台到着は2133
今夜は仙台国分町のカプセルホテルに宿泊

まぁ国分町ってのは東北最大の歓楽街な訳で客引き邪魔だクソァ背中のでかい荷物とゲバが見えんのかゴラァこんなカッコできゃばれぇに行くアホがおるかオラァ

東北最大とは言っても他がアレ過ぎて規模としてはまぁそこそこだよね感(だって相手は青森秋田山形福島と存在すら忘れてた岩手・・・
とはいえども大宮よりはずっとデカイし池袋よりは小さいかなー

今回はそんなこんなでまた次回



スポンサーサイト

北海道遠征⑥

えーと前回更新が2014/6/6ととんでもない大昔になってますな
元々生きてるのか死んでるのか分からんブログでしたけどこれはひどい

という訳で本人も記憶が飛んでる丸2年前を思い出しつつぼちぼちと
2年間はアレしてアレした訳ですけれどもそれはまた後々…




前回すすきのでラーメン食ってから全速力で札幌駅に戻ってはまなすに乗車したワタクシ

第23ランナー 502レ(急行はまなす)札幌→青森

IMG_22706.jpg
スハフ14-502の車内より

青森県内に定刻で突入し朝を迎えます

IMG_22708.jpg
青森駅にて
IMG_22718.jpg



とりあえず下調べをしておいた浪岡~北常盤へ

第24ランナー ****M 701系**** 青森→浪岡

浪岡~北常盤といえば上りあけぼのをストレートで狙うのがスジですが、今回は下りあけぼのを狙います津軽新城3回目は流石に腰が引けた

IMG_22720.jpg
北常盤~浪岡


うーn微妙だなこれ
当時のシチュエーションがどうなってたかは忘れたけどもこのポジなら本当はもうちょい広角で引いて撮る方が良いんじゃないかなぁ
確かアングル決めには苦労した記憶があるんで一応は試してみたんだろうけど
そもそも天気がアレ

第25ランナー 643M 701系 浪岡→青森
第26ランナー 329M 701系 青森→蟹田

この後直ぐに津軽海峡を超えて江差線に向かっても江差行きはしばらく無かったので津軽線の終着、三厩に向かうことに

第27ランナー 331D キハ40-558 蟹田→三厩

IMG_22723.jpg
三厩駅着


IMG_22726.jpg
こちら三厩駅舎
入り口部分が少し改装された他は、おそらく開業当初のままの駅舎になっています

この津軽線の開業は1958年とだいぶ遅いんですよね
普通のローカル線でこの駅舎は2代目位にはなるのでそこは面白いとこかなと

しかもこの駅、委託駅どころではないJR東直営駅!さらにマルス端末未設置!
ということで切符マニアにとっては中々旨味のある駅ですよね

資金不足で入場券しか買いませんでしたけど…
しかし1日5往復しか来ないところに駅員配置とはもう中々見られない現場ですねぇ


本来はここから町営のバスで竜飛崎を目指すのが良いんですけれども、江差線の時間があるのでそのまま折り返してしまいます。

第28ランナー 336D キハ40-558 三厩→蟹田

そこから海峡線の特急スーパー白鳥に乗り換え木古内へ

第29ランナー 4019M(スーパー白鳥19号)蟹田→木古内

IMG_22739.jpg
木古内にて

第30ランナー 4174D キハ40-831 木古内→江差

IMG_22749.jpg
湯ノ岱駅でのスタフ交換
見えねぇ・・・


IMG_22766.jpg
江差駅着

今となってはどうして2度目を敢行したのか思い出せんけどまぁ行ったことは行ったのです

IMG_22762.jpg
こちらの駅舎は1970年代に建て替えられた2代目とのこと
残念ながら3代目を迎える事は絶対になくなりました

第31ランナー 4177D キハ40-831 江差→木古内
第32ランナー 4042M モハ788-103 木古内→蟹田
第33ランナー 346M サハ701-10 蟹田→青森

今夜は青森の東横インで
8時近くの当日予約でしたけど一応部屋は空いてました感謝感謝

これからはひたすら関東を上っていきます
では次回~




テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

北海道遠征⑤

名寄の宿を出発
始発で最初の撮影地、天塩中川へと向かいます


IMG_22598.jpg
名寄駅外観

と言っても始発だいぶ遅いんですけどね



IMG_22599.jpg
駅舎内部

NHKの朝のニュースがかかっていました
また登校中の子供がトラックに轢かれたとか



IMG_22604.jpg
稚内からの上り始発列車もやってまいりました


第19ランナー
名寄〜天塩中川
キハ54-508


IMG_22606.jpg

音威子府に到着
巻き上げた雪でカオスな事になっています


IMG_22610.jpg


中々素敵な鉄骨の組み方をしていますな



IMG_22616.jpg
駅舎外観

バスのターミナルも併設されています


IMG_22617.jpg

ここで上り普通とスーパー宗谷を交換します



終点稚内の6駅ほど手前、天塩中川駅で下車

IMG_22624.jpg
駅舎外観

駅舎には人は居ませんが、そばに事務所が併設されており、そこに駅員さんが居る形になっていました

IMG_22622.jpg
待合室もこじんまりとしているものの整備が行き届いて好感が持てますな


駅から音威子府方面に10分ほど歩いた歩道橋が撮影地です


IMG_22628.jpg
@天塩中川~佐久

早速スーパー宗谷がやって来ました

しかしこの辺り数分で晴れから吹雪へと変化します
全く露出や構図等を決定できませんな

そしてこのスーパー宗谷と天塩中川で交換するのが

IMG_22644.jpg

目標のこいつ
DE15ラッセルです

本当はもう少し雪を跳ね上げてる所が撮りたかったのですがそれは地元の方でも難しいという事で
しかも3月に入るとそこまで雪が降らないとのことで


第20ランナー
天塩中川~美深
キハ54-***


音威子府で追い越して美深駅から徒歩15分ほどの撮影地へ

ここは有料道路の路肩に登って撮る形になります
まぁバカが1人線路沿いに居たせいでフランジャー挙げられてしましましたが。。。

ホントに常識ないのには困りますな
大体ラッセルの撮影なんて線路から15m離れても危ないっつーに


IMG_22654.jpg
@初野~美深

引いてもう一枚

IMG_22665.jpg
@同上


IMG_22673.jpg
美深駅外観

美深駅は国鉄最悪の赤字線、美幸線が通っていた事でも有名であります
わずか20年で廃止の運命を辿った悲しい路線ですな

国鉄の時のほうが少なくとも北海道巡りは楽しそうです


ここからはエンジントラブルで運休中の特急サロベツに代わって運転中の臨時快速に乗車します

IMG_22675.jpg

第21ランナー
美深〜旭川 臨時快速
キハ40-817

IMG_22676.jpg

専用のサボもしっかりと用意されています


苗穂で余っている車両をかき集めている為、車両はお座敷車と元札沼線のキハ40という謎編成になっています
まぁ模型でもこの編成で走らせた人は中々居ないでしょうなw

事実は小説よりも奇なりというアレです


IMG_22679.jpg
さすがにお座敷車は設備はだいぶ省略された体に



IMG_22681.jpg
旭川到着


ここから特急ワープします

第21ランナー
旭川〜岩見沢
キハ183-5001


IMG_22687.jpg
岩見沢到着



第22ランナー
岩見沢〜札幌
クハ711-***


IMG_22691.jpg
札幌には国鉄色に塗り直された711系が


ラーメン横丁に向かって夕食に
IMG_22703.jpg
IMG_22704.jpg

写真のひぐまさんで頂きました


さてすすきのをふらふら
IMG_22701.jpg

IMG_22705.jpg

こんな関東要素をごった煮にしたような店舗も



ふらふらしすぎて気がついたらはまなす発車の15分前
全速力で札幌駅へと向かいます


ギリギリなんとか間に合いました

これから本州へと帰還します


ではまた~

北海道遠征④

旅館留辺蘂荘に荷物を置いて出発

西留辺蘂~金華の定番撮影地に向かいます
ここは少し前に線路切り替えが有ったとのことで撮影地がどうなっているか一抹の不安がアリましたが、
ここ以外は徒歩鉄には厳しかったので選定

大体30分ほど歩いて到着
寒すぎて凍っては居なかったので非常に歩きやすかったです


IMG_22510s.jpg
@金華~西留辺蘂

うほおおおおおおおおおおお
個人的には激Vでございます

ちょっとケツがカツいのが気になりますが

撮影地に大きな障害もなく、無事に回収出来ました
卒業式当日に撮ったかいが有ったというものです


そして寒いのですぐに宿へと引き返します


IMG_22523.jpg
こちらが宿の留辺蘂荘
一泊食事2食付6500円位だったかな?

再び駅に戻るときも送っていただき感謝感謝


IMG_22525.jpg
留辺蘂駅外観

IMG_22526.jpg
書道では真っ黒になりますな

IMG_22533.jpg

駅舎内部
やっぱり有人駅はいいものです
遠軽、北見には及びませんが留辺蘂もこの石北本線沿いでは中核都市となっています


列車到着まで時間が有ったので駅近くの跨線橋でオホーツクを撮影


IMG_22528.jpg
@西留辺蘂~留辺蘂

住宅地の中とは思えない写真に上がりました


IMG_22529.jpg
@同上

引いてもう一枚





ここで遠軽に向けて移動します

第14ランナー
留辺蘂〜遠軽
キハ40-1707

金華峠をのろのろ運転で越えます
来た時には全く感じなかったのに

IMG_22534.jpg
金華駅駅舎

生田原などの列車秘境駅を経由しつつ遠軽到着

IMG_22536.jpg
@遠軽


遠軽駅はもともと名寄本線が接続する中核駅で、駅の北方に名寄本線の線路が有りましたがその廃線により謎のスイッチバック駅と化しています

IMG_22539.jpg
駅舎外観

IMG_22540.jpg
駅舎内部

IMG_22543.jpg
木造の良い作りです


IMG_22544.jpg
独特の配線上、珍しいタイプの案内板が有りました


IMG_22545.jpg
ここの駅そば店で持ち込み用を購入。
車内で食べつつ白滝へと向かいます


第15ランナー
遠軽〜白滝
キハ40-1707

急遽白滝駅から歩いて秘境駅と言われる上白滝駅に歩いて行くことに

白滝駅周辺は白滝駅も含め秘境駅と言える様な駅が集中しています
今回は列車アクセスは困難ですが白滝駅からの距離が短く、充分徒歩圏内の上白滝駅を選定
下白滝駅とかもやばいっす


IMG_22550.jpg

そんな下白滝駅では女子高生が一人吹雪の中へ消えていきました

定期利用居るんだなぁ



IMG_22553.jpg
そして前日通った白滝駅へと到着


IMG_22556.jpg
駅舎外観

IMG_22554.jpg
駅舎内部


列車本数も比較的多く(往復10本)、集落の1駅となっています
てか北海道だとなにもない所に駅がある場合の方が多い気が


ここから国道333号を3.5kmほど上川方面へひたすら歩きます

第16ランナー
白滝駅~上白滝駅
徒歩

いやー長い

特に集落を出ると国道を走る車もなく、じょじょに辺りは暗くなって行きます
そんでもって建物も無くなって風は強くなるし天気は悪化するしです



IMG_22557.jpg

オホーツクが旭川に向かって駆けて行きました


IMG_22559.jpg

ひた歩いて到着


IMG_22560.jpg

ただ国道が駅前を走っており、こんな商店も存在するので秘境感は余り有りません



IMG_22564.jpg

ただこの時刻表と駅ノートが秘境駅で有ることを物語っています


IMG_22569.jpg
ホーム側の駅舎外観

以前はこの駅も乗降車数200人を数えることも有ったそうで
現在は定期利用は1人とか居ないとか



IMG_22574.jpg

ようやく始発の、そして最終の上り列車がやって来ました


第17ランナー
上白滝〜旭川
キハ40-1724

ここから奥白滝、上越、中越、天幕と4つの廃駅を通って北見峠を越えます
まぁどれも信号所となって建物等は残っているそうで



IMG_22576.jpg
ちなみにこの2両編成の列車、乗客はワタクシだけでした
上川からは乗ってきましたけどね



峠越えだけで30分ほど揺られ、上川に到着

IMG_22579.jpg
@上川

IMG_22578.jpg
駅舎外観

絶不調に終わった高梨沙羅選手の横断幕が悲しげに掲げられていました

再び移動して旭川へ

IMG_22582.jpg
@旭川


ここから名寄に移動して今夜の宿へと向かいます



第18ランナー
旭川〜名寄
キハ40-1712

IMG_22584.jpg


あの初狩峠を越え名寄へ
まぁ読んだことは有りませんが、



IMG_22586.jpg

名寄到着


IMG_22589.jpg

雪がしんしんと降っております


IMG_22590.jpg

-7.5℃だそうで
暖かいですねぇ


北見なんて-14℃だったしと思ったワタシは思考が暴走しているのでしょう


ではまた~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

北海道遠征③

3/1
札幌→北見→留辺蘂

函館からのはまなすは無事札幌に到着。

IMG_22429.jpg
@札幌

ここから2時間ほど暇を潰して旭川行き普通を待つことも出来たのですが、せっかくなので始発の小樽から乗ることに


それでも時間が余るので


IMG_22444.jpg
IMG_22443.jpg


ちょろっと北大前まで行ってきました
駿台札幌校って北大の目の前に有るのね

第11ランナー
札幌〜旭川
モハ711-101

小樽まで移動して旭川行きに乗車
2ドア711系6両の正統編成でした

地元の人達にとっては最悪でしょうけどな

IMG_22456.jpg
711系車内

IMG_22447.jpg
@岩見沢


IMG_22449.jpg



IMG_22450.jpg


岩見沢で1時間ほど長時間停車
その間に編成が6から3になるので号車サボの差し替えが行われていました


IMG_22453.jpg


オホーツク一本とカムイ2,3本に抜かれます
IMG_22455.jpg



そんでもって旭川到着


IMG_22459.jpg
旭川駅舎外観

デカい(無駄に)
大宮の10分の1も来ないのに3倍位有るような感じ


IMG_22458.jpg
デカい(無駄に)
南銀と同じ位しか人が居ないのに5倍は有るなw



ここで比較的有名とかいうラーメン屋で昼食を
写真も取ったけどiphoneの操作間違えて消しましたがな

第12ランナー
旭川〜北見
キハ54-503

ここから快速きたみに乗車
結構時間ギリギリでした
乗車率は席がほとんど埋まる位なのでだいたい80%位かな
田舎の電車って地味に乗車率良かったりするんだよね

野田線の春日部~野田市なんて悲s(ry


快適に飛ばして1時間ほど
IMG_22460.jpg
@白滝


言わずと知れた秘境駅群の白滝三駅の中でもっともまともな(?)白滝駅
この駅の周辺には集落が広がっています

秘境駅に付いては詳しい方のサイト等多いのでここでは割愛



IMG_22463.jpg
@白滝

ここで流氷特急オホーツクの風号と交換

IMG_22464.jpg

キハ54はキハ40とはまた違った乗り心地で面白いですな
って台車交換してるし一番近いのはキハ110辺りなのかな
250馬力*2のエンジンは加速とか勾配での伸びが違いますな

キハ40なんて峠じゃノロノr(ry


そんな事を書いてると豆腐屋の息子がキハ40で攻めて来そうなので車内の話に

ボックスシートとロングシートを組み合わせた2ドア車でまぁ田舎だとよく見る感じです
非常に乗り心地が良くて3時間も楽でしたな

IMG_22468.jpg
車内の様子
撮影は北見到着時


IMG_22471.jpg

北見では上りの北見臨時貨物が発車を待っていました

ってかコンテナすくねぇな
日曜だから仕方ないか



IMG_22475.jpg
中々風情のあるホームです

IMG_22477.jpg

駅舎内はこんな感じ
LCDの電光掲示板が現代を感じさせますな


IMG_22476.jpg

何故か医者しか無いようです

確かにこんな所に広告出す需要ないのかなぁ

地味に手書きっぽいところが高ポイント


IMG_22478.jpg
駅舎外観

よくある地方駅な感じで

明日の撮影に若干の不安を抱きつつも留辺蘂へ向けて移動


第13ランナー
北見〜留辺蘂
キハ40-729

IMG_22482.jpg
そんでもって留辺蘂到着
この駅はオホーツクも止まります

思いもよらず宿の方に迎えに来ていただける事に
結構時間遅かったのに感謝です


内地民にとっては雪道飛ばし過ぎ怖かったw


当日の宿

IMG_22484.jpg

車中の後の久しぶりのきちんとした布団です

ではまた~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

北海道遠征②

2/28 江差→はまなす

朝5時30分頃にホテルに荷物を置いて撮影に出発
流石に15kg超の荷物を置いて動きまわるのは体力も時間も消費しますしね

IMG_22312.jpg
@江差~上ノ国

江差からの1番列車を撮影
本当は雪を巻き上げるのを期待してたんですが季節が遅すぎましたな


IMG_22323.jpg
@上ノ国~江差
数少ない徒歩で行ける海バック撮影地に
田舎に行けば行くほど車が欲しくなりますな

こっちの方が2両に適してる気もしたけど時既に遅し
もう廃線ですがな

IMG_22337.jpg
@江差~上ノ国

先程と同じ撮影地でアングルを変えてもう一枚




ホテルに戻って荷物をまとめて出発



IMG_22339.jpg

江差駅舎外観
昭和50年台によく建てられたコンクリ平屋の駅舎です


IMG_22340.jpg
内部
夜間滞泊の有る有人駅だけあって待合室も広々としています

第5ランナー
江差→木古内
キハ401793

木古内の警察署にスられた財布の被害届を提出に

IMG_22344.jpg

木古内警察署外観



移動する寝台特急の中という事で管轄がめんどくさい様で
この場合到着した青森県の警察つまり青森県警が管理するみたいですね

どうせ解決しないし適当な対応を取られると思い込んでたら
取調室で3時間位みっちり対応していただきましたw

まぁ詳しい事は省いて起きますがワタクシの人生の中で初めて警察にお世話になることに


そんなもんで時間を取られたので山線経由で札幌に行くことは諦め、"また"はまなすを使うことに
北海道東日本パスを使うと大抵毎回乗ってますw


IMG_22350.jpg

建設が進む木古内新幹線駅

IMG_22353.jpg


まぁここでの交換風景はまだ見られるでしょう


IMG_22354.jpg

江差行き表示だけでなく特急の表示もまもなく消滅してしまいますな


IMG_22355.jpg

おなじみ改札機の無い改札


IMG_22364.jpg
数少ないED79牽引の3099レが丁度通過していきました



IMG_22359.jpg

木古内駅舎
駅近くの本屋さんの店員と話したんですが、
「新幹線が出来たら寂れるんだろうなぁ」と言っていました

まぁ八戸とか盛岡の現状を見ればね


第6ランナー
木古内→函館
キハ40808


IMG_22369.jpg
夕日が差す函館駅に到着

ここから25時のはまなす到着までひたすら暇を潰します


IMG_22371.jpg
DD103「ゆうだち」が居ました
現在のぽいぽいですな
ワタクシのぽいぽいは改二です

現在は大湊所属みたいで
修理か点検か何かですかね


IMG_22376.jpg
摩周丸

お台場の羊蹄丸はカーンカーンされましたが函館の摩周丸と青森の八甲田丸はまだ無事に浮いています



市街地に移動し函館市電に乗車

IMG_22378.jpg
@函館駅前交差点

どこの都市でもそうだけど到着時間が夕方なアレで大抵ぶれております

ここから函館どつく前まで市電で移動します
目的はありませんがなんとなく


IMG_22387.jpg
@函館どつく前

唯一1両のみの存在の810型に乗車出来ました


IMG_22388.jpg
また函館駅前、湯の川方面に戻って行きます


函館市電に付いてはこの辺で、。。。



録音機のメモリが速攻一杯になってしまったので五稜郭のヤマダ電機まで買い出しに
てか函館と五稜郭って中々に遠いのね

第7ランナー
函館→五稜郭
キハ40-841

IMG_22398.jpg
五稜郭駅舎

星形のモチーフがあしらわれております



そんでもって16GBのmicroSDを購入
どうでもいいけど札幌のビックカメラでSDが超激ボッタ価格て売ってたね
8G3000円とか


IMG_22399.jpg
五稜郭に今夜の北斗星を牽引すると思われるED79が

IMG_22401.jpg
IMG_22403.jpg

カシオペアと離合

その後にやってきた江差からの普通列車に乗って再び函館に移動します


第8ランナー
五稜郭→函館
キハ40-1793

IMG_22408.jpg
@函館
先程の上りカシオペアが丁度函館駅に停車中でした


IMG_22409.jpg

開放された機関車は五稜郭へ向かって行きました

函館の横丁的な場所で夕食に海鮮丼を
どうでもいいけど海鮮丼って見た目良いけどあんまり美味しくないよね


IMG_22424.jpg
函館駅外観

ここでひたすら時間を潰します


IMG_22425.jpg
上下ともはまなすが終電ですな


IMG_22426.jpg
@函館

やっとはまなすが青森からやって来ました
結構函館から乗る人居るのね


ではまた~

北海道遠征①

1/18のセンター大爆死、浪人決定したので念頭に置いていたあけぼの利用の北海道遠征に行くことに

とりあえずA判の出ていた信州大2次が終わったら速攻旅行に行くというスケジュールを計画(←アホ

そんでもって1/27に南越谷駅に10時打ちに
南越谷駅の駅員さんにすごく親切な対応をしていただき感謝感謝

1時間位前についたら幸い1番でした

s-IMG_1680.jpg

こんな感じの用紙に記入して待つこと1時間
10時打ちは自分ともう一人居ましたね

その方は個室を取るみたいでしたがあけぼのの個室に乗って何が面白いのだかわだすは分からんだぁ

まぁ後に偉いことになっちゃうんですがね



運命の10時を迎えてワタシは勝利、もう一人の方は残念ながら敗北となりましたとさ ザマァ



後は遊びながら信州の前期受けて2日で計画支度が終わるわけもなく出発
2泊目辺りまでしかろくすっぽ予定が立っていなかったという

まぁ北海道東日本パスとかこういう目的に使うのもアリでね



そんでもって当日

IMG_22179.jpg
@上野

撮り鉄がわんさと湧いていました


IMG_22183.jpg

その中を馬鹿でかい荷物持ってドヤ顔で通過



第一ランナー 2021レ寝台特急あけぼの オハネ24-44


IMG_22185.jpg

本日の宿となる2号車15番上段

IMG_22186.jpg

開放B寝台でござる
爺ちゃんに「2段なんて贅沢だなぁ」とか言われましたw


IMG_22187.jpg

寝台車独特の狭い通路


IMG_22191.jpg
IMG_22195.jpg
IMG_22196.jpg

更衣室や冷水機など一通りのモノは揃っています

まぁ車販もなし、長時間停車もなし、当然食堂車はナシ←
慌てて上野駅で深川めし弁当を買い込みます


上段荷物置きに録音機をセットして上野~大宮、水上~長岡を録音
これからの行程もあるのでちまちま寝ます



IMG_22230.jpg


上野駅で買った朝食

地方に来た感が全くありませんが



IMG_22237.jpg
IMG_22246.jpg

あっという間に青森到着
時間には余裕を見まくって計画らしきものを立てたので本音ではもっと遅れてもらいたかったですが


IMG_22251.jpg
長岡からはEF81-136だったようでち


IMG_22262.jpg
9Bの長い編成が青森駅に止まる事ももうなくなってしまいました
ちなみに奥の方に元連絡船通路が有ります



第2ランナー スーパー白鳥11号 サハ789-105

IMG_22267.jpg
@油川付近

新幹線の線路が完成されてきています


ここで気が付く
特急料金を払おうとして財布の中身を見たらどうも少ない


はい、開放寝台の最大の欠点。
スられました



よって所持金14万の比較的リッチな旅行をする筈が
5万で7日間を乗り切るビンボー旅行となりましたがなorz

1泊5000*6+食費1500*7
=40500

田舎はさらに値段が上がることを考慮するとギリギリ越えてもはや赤字です



IMG_22268.jpg
@木古内
愕然としながらも北海道上陸

なんとなく湯ノ岱へ向かいます

第3ランナー キハ40-831 木古内→湯ノ岱

IMG_22272.jpg
@湯ノ岱
スタフ受け渡しのた駅員さんがきっちり出てきます
(出てこなかったら困りますがw)


IMG_22276.jpg
@同上
交換した除雪車
既に雪のない線路を走って行きました


道道5号線を東進し目星を付けておいた撮影地へ
大体徒歩15分くらいで到着

IMG_22294.jpg
@宮越~湯ノ岱



もうこの記事を書いている時点でここに列車が通ることは無いんですなぁ


下りの撮影はここから2~3分ほど湯ノ岱方面に歩いたところで撮影

写真はフィルムの方のみなので現像上がったら後々…

IMG_22296.jpg

構図は違いますがこんな感じです

撮影が終わったら江差行きまでしばらく時間が空くのでその間に町営の銭湯へ

IMG_22298.jpg

中々に気合が入っています

泉質は単純泉
木古内の方も入りに来るみたいでした

ここの食堂の醤油ラーメンを食べながらふと思う
田舎って外食無いんだなぁ。。。

IMG_22279.jpg
湯ノ岱駅

北海道では数少ない有人駅です


ここで18時台の江差行きに乗って江差へ

第4ランナー
湯ノ岱→江差
キハ401793

IMG_22304.jpg
冬季は湯ノ岱駅滞泊になるためこの後回送されて行きました


残念ながら駅前というか駅近くには宿泊施設が無かったので15分ほど歩いて市街地のホテルニュー江差へ

江差駅が市街地中心部からかなり外れた所に有るというのも廃線の一つの理由でしょうなぁ
だってバスターミナルがど真ん中だから使う必要ないもん


ここで卒業式サボル連絡を入れながら就寝

ではまた~

H81編成集約臨(9/8)

来週末で運用終了?と思われる田町車のH81編成を使用した集約臨を撮ってまいりました

天候は生憎の雨でしたが出撃
折角なので今市~日光間の杉並木バックで狙ってみました



IMG_21530.jpg
@今市~日光

2010年10月以来2回目です
大宮車とか他の田町車と比べると圧倒的に撮影回数が少ないですね


帰りは臨時特急のきりふりに乗車

IMG_21537.jpg

車内の様子
臨時快速運用の1819Fと違いしっかり枕カバーがついています
シートピッチ等は種車の1800系列と全く同じですがスペーシアより400円安い800円の特急料金で乗ることが出来ます



これにて帰還
ではまた~

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

【模型】KATO24系レビュー

24系の出来に感動したのでレビュー的なモノを

IMG_21509.jpg

オハネフ25200番代
すでに207として車号が印刷されています

てっきりインレタ刷ると思ってたので拍子抜け


IMG_21510.jpg

逆エンド



IMG_21511.jpg
IMG_21512.jpg

オハフ25
こちらも既に車号が刷られています

インレタが付属してないと同じ車両が何十両と連結して走るんですが
まぁ走る時にはほとんど見えないからいいか


IMG_21521.jpg

さすが最新製品だけ有って室内表現は卓越したものです


IMG_21522.jpg

右側はTOMIX旧製品
20年の進歩を感じさせます


IMG_21523.jpg

目立つはしごはともかくドアノブまでモールドが有ります
これは色の差しがいが有るなぁ



今回購入したEF65Pと24系には謎のサスペンションが搭載されていました
アレがどんな効果を上げるかは全く分かりませんが

順調に故障気味のポイントで脱線しましたしおすし



ではまた~

【模型】EF65P、12系24系購入

運転会に合わせてKATOのEF65Pを購入してまいりました


IMG_21452.jpg

新品箱出しの状態
手すり、解放テコは取り付け済み、ナンバーは押し込み式を各自選択するようになっていました

P型の中でも前面手すりが短い初期車がプロトタイプの様です
付属ナンバーは501、503、505、506 でした

解放テコと手すりが取り付け済みなのにはビックリですねぇ
それどころか信号炎管、ホイッスル、アンテナまで取り付け済み

乱暴ですがナンバーさえもちぎって取り付けが可能な押し込み式です

一番最近の増備車がTOMIXのキハ10だったり鉄コレだったりした自分にはビックリです


IMG_21488.jpg

12系+24系の編成を組もうとしたら24系(TOMIX旧製品)のカプラーの調子が悪くて12系4連を牽くことに・・・
一応KATOの24系買ってったら12系のアーノルト、EF65Pのナックルと相互連結が出来ないボディマウント密自連カプラーとか言う謎仕様
電車編成は基本的に混結が無いし密連同士を装備してれば問題無いけどさ、客車編成って地味に混結したりするからカプラー統一して欲しいよね
てかわざわざ密自連とか言う新しいの作らなくてもナックルもしくはKATOカプラーNでいいじゃんかよぉ
TOMIXもそうだけどデフォで特殊カプラーってのはキツイよね
せめてアーノルトが後付けでもいいから付けられる様になってると良いなと


いやさ、急行ちくま的なモノを再現しようとしたら14系寝台車って両社とも入手困難品じゃないすか、
で、かいもん編成なら12系+24系で比較的入手が楽に組めそう(24系旧製品をすでに持っていた)とか
自分に言い聞かせてたらこのザマだぜ


その内KATOの24系増備してやるからいいし←

って感じでどうにかして両者を繋げられないか日々考える毎日であります

いやまぁカタログまともに読まなかった俺が悪いんだけどね、凄く見分けつきにくいと思うよあのアイコン


IMG_21508.jpg

つーことでちょいとウェザリングしてみました
まぁこの後しっかり色差すか


ではまた~


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

Zero4

Author:Zero4
品川にある大学に通ってます

にほんブログ村
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
11418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2560位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。